大阪大学 物理工学科目

English
Open Campus

来場型オープンキャンパス
2024年8月9日(金)@大阪大学吹田キャンパス

 ようこそ!物理工学コースへ!このコースの特徴や魅力を写真・動画にまとめました♪
 質問や相談を直接できるオンライン訪問も随時開催いたしますのでどうぞご利用下さいませ!

来場型オープンキャンパス
オンライン型イベント
物理工学コースとは?
キャンパス紹介
学生インタビュー
研究紹介You Tube

 

来場型オープンキャンパス

 2024年度は、8月9日(金)に来場型のオープンキャンパスを実施します。 物理工学科目では、模擬講義・研究室見学ツアー・実験施設見学ツアーを開催します。模擬講義では世界の最前線で活躍する物理工学科目の教員による研究紹介を通して物理の魅力を存分に味わっていただけます.また,各種ツアーでは世界屈指の実験施設クリーンルームをはじめとした最先端の研究が行われている現場を見学いただき,研究の奥深さを肌で感じていただくことができます.
 今年からは事前申し込みが不要なポスター展示や現役阪大生による相談会もM1-211教室で実施します.

※来場いただくには来場申し込みが必要です.申し込み期限は7月15日(月)23:59になっていますのでお急ぎください.
※ポスター展示・相談会以外は保護者同伴不可とさせていただいています.保護者の方はキャンパス内に設置されている待機室等で待機いただくようお願いいたします.
共に詳細は大阪大学工学部オープンキャンパス特設サイトでご確認いただくようお願いいたします.

模擬講義

4名の講師から最先端の物理工学に関する内容を講義していただきます。
定員:各回50名/付き添い保護者同行不可

① 9:15~10:00
「原子の並びを乱さない表面創成技術開発とベンチャー起業による社会貢献」
講師:佐野 泰久 准教授
所属:超精密加工領域 佐野研究室)

② 10:30~11:15
「音が光を凌駕するとき:最先端音響工学」
講師:荻 博次 教授
所属:量子計測領域 荻研究室)

③ 13:00~13:45
「高密度プラズマで拓く先端材料の創成工学」
講師:大参宏昌 准教授
所属:機能材料領域 機能材料研究室)

④ 14:15~15:00
「プラズマプロセスが拓く超精密加工の世界”ナノメータ精度のモノづくり」
講師:山村 和也 教授
所属:ナノ製造科学領域 山村研究室)

世界最先端の研究室ツアー

実際に実験や計算、研究生活をしている研究室を見学していただけます。
定員:各回8名×2コース / 付き添い保護者同不可

#1 ナノの世界の最先端製造・計測技術ツアー
① 9:15~10:15
② 10:45~11:45
③ 13:00~14:00

見学可能な研究室
量子計測領域 荻研究室)
ナノ製造科学領域 山村研究室)

#2 デジタルツインで原子を見る究極の顕微鏡ツアー
① 9:45~10:45
② 11:15~12:15
③ 13:15~14:15

見学可能な研究室
計算物理領域 森川研究室)
原子制御プロセス領域 桑原研究室)

特別実験施設ウルトラクリーンルーム見学

物理工学科目が誇る世界最高レベルの ウルトラクリーンルームの研究設備を見学していただきます。
定員:各回7名×2コース/ 付き添い保護者同伴不可

極限を追求する超精密加工
① 9:30~10:30
② 11:00~12:00
③ 13:30~14:30

見学可能な研究室
超精密加工領域 佐野研究室)

極限を追求するデバイス技術
① 10:00~11:00
② 11:30~12:30
③ 14:00~15:00

見学可能な研究室
先進デバイス工学領域 渡部研究室)

特別実験施設IoCプラザ見学

2023年に新しくオープンした IoCプラザの研究設備を見学していただきます。
定員:各回7名×2コース/ 付き添い保護者同伴不可

ナノ表面界面制御・観察ツアー
① 9:30~10:30
② 11:00~12:00
③ 13:30~14:30

見学可能な研究室
ナノ表面界面工学領域 有馬研究室)

見て触れてみようプラズマ・先端材料の世界に!
① 10:00~11:00
② 12:00~13:00
③ 14:00~15:00

見学可能な研究室
機能材料領域 機能材料研究室)

 

オンライン型イベント

 2024年度は、8月9日(金)の来場型のオープンキャンパスと併せて模擬講義のライブ配信を予定しています.
 また,8月19日(月)には現役阪大生がキャンパスライフ紹介を行います.音声でもチャットでも気軽に質問してください .

 申し込み方法等の詳細は大阪大学工学部オープンキャンパス特設サイトのオンライン型でご確認ください.

 

物理工学コースとは?

どんなコースなの?

 我々は物理系のコースで究極のものづくりを行っています!
 例えばスマートフォンのように小型で高性能の物を作るにはまず物理現象の理解材料の知識が必要です。そのうえでナノ・原子レベルで加工する技術と次世代の機能を正確に計測する技術が必要です。

 物理工学コースではこれらの知識と技術を結集して究極のものづくりを追究しています!ものづくりに対する熱い想いをまとめたプロモーションビデオも是非ご覧ください!


何を学べるの?

 量子力学電磁気といった物理系の科目や、表面科学結晶物理学など材料学も体系的に履修することができます。更に機器設計学物理化学加工といった機械・製図・加工に関する科目も用意しているのが特徴です。

どんな研究してるの?

 実際の研究内容としてはプラズマ光と音のほかコンピューターシミュレーションまで駆使した材料・加工・計測の研究を行い、省エネ・高性能な半導体デバイスの開発まで行っています。

 物理工学コースの大きな特徴は世界最高性能(クラス1)を誇る専用のウルトラクリーンルームを所有していることです!大きさがたった1万分の1mmしかないような空気中の埃も極限まで減らし、温湿度・静電気などの環境性能も完璧に整えた専用の実験施設で究極のものづくりを行うことができます。

 詳しくはキャンパス紹介、研究紹介You Yube、オンライン訪問をご覧くださいませ!

就職先は?

 ものづくりを究めた学生は様々な業種で大活躍しています!学校推薦による就職も多く、1学年40人の学生に対して例年約230社の企業から推薦枠を頂いております。

 また研究力も非常に高いため博士号取得者大学・研究所で活躍する人材も多いです。もちろん博士号取得者後に企業で活躍する人も大勢います。

就職先の一例:
パナソニック, ソニー, 三菱電機, 東芝, NEC, 島津製作所, JEFスチール, 新日鐵住金, キヤノン, 村田製作所, ニコン, クボタ, ダイキン工業, 川崎重工業, コマツ, トヨタ自動車, 本田技研工業, デンソー, 宇宙航空研究開発機構(JAXA), 大阪大学, 北海道大学, 理化学研究所, 産業技術総合研究所, 明治, 東海旅客鉄道, 三井住友銀行, 三菱商事

物理工学コースに入るには?

 物理工学コースに入るには大阪大学工学部の応用自然科学科に入学し、2年次のコース分けの際に物理工学コースを選択して下さい!一般入試で入学した場合、コース配属は1回生の時点の成績順に基づいて配属されます。

 また推薦入試(学校推薦型選抜)なら大学入学時点で希望コースへの配属を選べるので是非チャレンジを!
  詳しくはこちら)

 

キャンパス紹介

 ここからは写真でキャンパスや研究室の雰囲気をご紹介します!

  • ここが私たちのいる建物入り口です。

  • 中の廊下は高校までに比べると広くてすっきりしていますね。

  • 講義室の様子。2019年のオープンキャンパスで模擬講義を行ったときの写真です。

  • こちらは別教室での控室

  • 研究室ごとに実験室があり、独自の最先端の研究を行っています。

  • こちらが例のウルトラクリーンルームです。

  • 中は広々と明るく、専用の高価な実験装置が大量にあります!

  • 一流の半導体工場と同等以上の設備でものづくりを行っています。

  • 材料の作製と加工から計測までこの環境で行えるのが物理工学コースの強みです。

  • これが“究極のものづくり”です!

 

学生インタビュー

 在校生、卒業生に大学生活について聞きました。生の声を是非お聞きください!

 

研究紹介You Tube

 各研究室の内容をそれぞれ3分前後の動画にまとめました。趣向を凝らした各研究室の味と魅力あふれる動画を是非ご覧下さいませ!

プラズマを操り新機能材料を作る!

ナノ精度のものづくり技術の開発!

音と光で新しい世界を聴く&視る!

ナノ・原子レベル構造構築と計測!

桑原研究室 | 原子制御プロセス領域

大面積&サブナノ精度の構造制御!

物質やエネルギー変換の計算科学!

次世代半導体デバイス材料を開発!

超高精度独自計測とプラズマ処理!

ページトップへ戻る