大阪大学 物理工学科目

English
Laboratories

研究室紹介
Laboratories

研究紹介の動画集はこちら!
  • 安武研究室 | 機能材料領域 機能材料領域
    准教授垣内 弘章
    准教授大参 宏昌
    技術職員竹内 昭博
    大気圧プラズマ, 材料加工, ダイヤモンド合成, 太陽電池

    最先端科学技術の進歩には、その鍵となる機能材料の高性能化や、全く新しい機能をもった材料の創出が重要です。現在、大気圧・超高周波プラズマの物理的・化学的特性を活用した低温・高速・高品質・エコクリーン成膜技術の開発と、高性能太陽電池、薄膜トランジスタ、高感度センサ等、新機能デバイスへの応用技術の研究を行っています。

  • 山村研究室 | ナノ製造科学領域 山村研究室 | ナノ製造科学領域
    教授山村 和也
    准教授有馬 健太
    助教孫 栄硯
    プラズマ応用ナノ精度加工, 中性子集光ミラー, 半導体表面科学, ナノカーボン創成・応用プロセス, MEMS/NEMS, マイクロナノシステム

    有史以来文明は、ものづくり技術のたゆまない発展とともに進化してきました。本研究領域ではナノ、サブナノメータオーダの精度が要求される最先端の光学素子、半導体基板、MEMS・NEMSデバイスを作製する革新的なものづくり技術を創出します。我々の新しい技術が21世紀における新たな産業革命の引き金となって人類のさらなる発展に貢献することを理念とし、極限的な精度と能率の両立を実現する『ナノ製造プロセス』の研究・開発に取り組んでいます。

  • 荻研究室 | 量子計測領域 荻研究室 | 量子計測領域
    教授荻 博次
    助教押鐘 寧
    助教長久保 白
    超音波計測, 光計測, バイオセンサ, アルツハイマー病, 携帯電話, スピントロニクス

    私たちは光と音を自在に操る独自の計測技術を開発して、物質科学から生命・医療にわたる研究をしています。そこで重要となるのが“共鳴”です。共鳴現象においては力学情報や電磁場情報が増幅されるため、通常では観測できない情報を得ることができます。音(超音波)で光を制御し、また光で音を制御して、無線通信機器に使用される音響電子デバイスや、アルツハイマー病の診断に貢献する光・超音波医療機器の開発を行っています。

  • 桑原研究室 | 原子制御プロセス領域 桑原研究室 | 原子制御プロセス領域
    教授桑原 裕司
    准教授齋藤 彰
    助教服部 卓磨
    ナノ構造, プローブ顕微鏡, 光, 有機材料, 生物機能, 次世代素子

    当研究室では、「原子制御」の領域名に象徴されるように、原子・分子レベルのナノ構造と機能を計測・制御する手法自体を開発しつつ、さらにそこから次世代素子への応用に至る足がかりを探求しています。他にない特徴として、先端的なプローブ顕微鏡、光の利用(可視光からX線の波長範囲、さらに円偏光に基づく光学活性を含む)、そして生物機能の利用を意識している点があります。

  • 山内研究室 | 超精密加工領域 山内研究室 | 超精密加工領域
    教授山内 和人
    准教授佐野 泰久
    助教藤 大雪
    助教山田 純平
    原子スケール表面加工,次世代半導体ウエハ,X線光学デバイス,大型放射光施設,X線自由電子レーザー

    当研究室では、プラズマ中の活性分子や溶液中の活性ナノ粒子を駆使することで、誤差0.5ナノメーターの精密さで理想の形状をつくり、その表面を世界で最も滑らかにすることに成功しました。これらを応用し、原子レベルの確かさを持つX線ミラーや半導体基板表面をつくる技術を確立しました。X線ミラーは、生きた状態の細胞を観察できるX線顕微鏡や、天文学を進展させるX線宇宙望遠鏡に搭載され、科学の新たな扉を開いています。

  • 森川研究室 | 計算物理領域 森川研究室 | 計算物理領域
    教授森川 良忠
    准教授濵田 幾太郎
    助教稲垣 耕司
    助教濵本 雄治
    量子シミュレーション, 表面科学, 触媒反応, 半導体デバイス, 有機デバイス, 燃料電池, 電気化学反応

    より高性能なデバイスや新しい材料を作るには物質中の電子や原子の振る舞いを詳しく知る必要があります。しかしながら、実験的にそれらを調べることは困難な場合が多いです。そこで、我々は独創的な電子状態計算手法やシミュレーションプログラムを開発し、スーパーコンピュータを駆使して、物質の電気的・磁気的な性質や固体表面上での触媒反応の進み方など明らかにしています。それによって産業、エネルギー、環境といった社会を支える分野に寄与することを目指しています。

  • 渡部研究室 | 先進デバイス工学領域 渡部研究室 | 先進デバイス工学領域
    教授渡部 平司
    准教授志村 考功
    助教小林 拓真
    技術職員野崎 幹人
    半導体, トランジスタ, GaN, SiC, 超低消費電力デバイス

    人類は、資源・エネルギー、食料と人口、気候変動、都市化と貧困などの課題に直面しています。それらを乗り越えて持続可能な社会を築くためには、人と人の絆、そして人と自然との共生を大切し、問題解決に希望をつなぐテクノロジーの発展が求められています。私たちは材料そのものの設計から、異種材料の組み合わせや新構造の採用によって、革新的なデバイスの創製を目指し、次世代のグリーンナノエレクトロニクスを支える研究開発を進めています。

  • 遠藤研究室 | 超精密科学研究センター 遠藤研究室 | 精密工学研究センター
    教授遠藤 勝義
    助教大久保 雄司
    技術補佐員黒本 光一
    放射光ナノ構造可視化技術, ナノ精度形状測定, 表面機能化(接着性向上, 触媒性能付与), フッ素樹脂

    当センターでは、表面形状計測・表面機能化・放射光ナノ構造可視化を柱に、物理学を基礎にした「超精密科学」による表面創成技術を開発しています。大学の最先端シーズを具現化する新しい“物づくり”技術を開発し、実用に供することを使命としています。精密科学・応用物理学専攻内の各研究領域をはじめとし、工学研究科内や他の研究機関の研究グループと密接に連携・協力し、実用化のための研究を行っています。

各教員の連絡先はこちら

ページトップへ戻る